病院の診療科目に「アレルギー科」があります!



花粉症はアレルギー科その2

 

花粉症という病気ですが、子供の頃からずっと花粉症だったという方は、ほとんどいらっしゃらず、健康だった方が中年後に突然、発症するケースが多いようです。また、反対に、症状に若いころから続いてきて治らなかったのに、出産後、突然、花粉症が治ったと言う方もいらっしゃいます。

 

 

このように、発症や完治に関して、まだまだ不思議な点が多い花粉症ですが、春が到来すると、アレルギー科を受診する方も多くなってきますよね。また、冬の間に、アレルギー科に出かけて、早めに薬をもらったり、予防対策をしたり、花粉症に対して準備をする方も多いと思います。

 

 

今まで花粉症とは縁がなかった方であっても、花粉症の症状が出てきたら、耳鼻科併設型のアレルギー科や、呼吸器系併設型のアレルギー科で早めに受診しましょう。

 

 

子供でも花粉症になる人は、年々、増えています。数字から見てみますと、5歳から9歳では13.7パーセント、10歳から19歳では31.4パーセントと、まるで大人の発症率と変わらない数字ですよね。

 

 

スギ花粉が飛ぶ時期は、風邪やインフルエンザがはやるころと同じなので、花粉症だと思わない親も多いです。それに、幼児の場合は、なんとなく具合が悪いだけで、症状を具体的に親に伝えることが困難なため、親がしっかりと症状を見てあげる必要があります。スギ花粉が飛散する季節に、お子さんが、熱はないのに、くしゃみ、鼻みずが止まらないと言う場合は、アレルギー科を受診させましょう。