病院の診療科目に「アレルギー科」があります!



アナフィラキシーその1

 

何かにアレルギーを起こして、かゆみがでたり、蕁麻疹になったりするなど、軽い症状でしたら、みなさんにも一度くらいは経験があると思います。健康な方でも体調によって、一時的に何か原因に対して、アレルギー反応が出ることがありますよね。

 

 

そして、もともとアレルギー体質の方は、アレルギー科などに通院しながら、その原因となるものを特定したり、原因となるものを避けるように指導を受けたりしていることと思います。

 

 

最近では、もっとも広く知られているもので、花粉症も有名なアレルギー性疾患のひとつであり、春先には多くの方はアレルギー科や耳鼻科のお世話になっていることでしょう。

 

 

また、アレルギーと言えば、アトピー性皮膚炎もそうですし、食物アレルギーなどもあります。そして、かゆみや蕁麻疹どころではおさまらなく、全体に症状が激しく出て、とても重症になってしまう「アナフィラキシーショック」と言う症状があります。みなさんも、ニュースなどで聞いたことがあると思いますが、この「アナフィラキシー」とは、どのようなものなのでしょうか。

 

 

アレルギー性疾患の中でも、とにかく緊急を要する病気が、アナフィラキシーです。簡単に言いますと、急性アレルギー反応です。アナフィラキシーは、じんましんなどの皮膚症状が出るばかりでなく、喘息になったり、呼吸困難になったりします。また、同時にめまいや、意識障害などの神経症状、血圧低下のショック症状、これらが、2つ以上、存在している場合をアナフィラキシーと言います。