病院の診療科目に「アレルギー科」があります!



花粉症はアレルギー科その1

 

みなさんは、花粉症になったことがありますか。また、周囲の方で、花粉症にお悩みの方や、アレルギー科に通っている方は、いらっしゃいますでしょうか。冬には、すでに、警戒を始める人が多い花粉症は、春先になれば多くの人を悩ませています。

 

 

女性の方は、せっかくお化粧をしても、くしゃみや鼻水などで、お化粧が台無しになってしまいますよね。目はずっと涙目で、マスクも欠かせないし、おしゃれも出来なくて、花粉症の時期は、本当に気の毒に思います。

 

 

以前は知られていなかったこの病気も、今では春先の風物詩となってきたくらい、多くの方が花粉症を患っています。みなさんもお気づきのように、花粉症は現代特有の病気であり、ニュースでも報じられているように、花粉の飛散状況が、過去と現在ではだいぶ違ってきたようです。

 

 

この花粉症は、ご存知の通りアレルギー症状に含まれています。ですから、アレルギー科に通院して、きちんと治療していくことで、春先になっても、症状がそれほど重くならず、普通の生活を送れる方も増えてきました。医学の進歩で、薬も進化し続けていますから、症状を抑える薬をきちんと使っていれば、花粉が飛び交う時期でも、つらい症状が出ずに済む方もいます。ですが、症状が重くなってくると、薬も効かず、頭がずっとぼやけて仕事にならないという方もいらっしゃるようです。

 

 

花粉症は、いったん、発病してしまうと、鼻や目がかゆくなり、くしゃみを連発したり、いつも涙目だったり、非常に辛いものです。