病院の診療科目に「アレルギー科」があります!



食物アレルギーその2

 

みなさんも、聞いたことがあると思いますが、アレルギー体質の方が、アレルゲンが原因で発症してしまう様々な症状のなかで、もっとも恐ろしいものです。

 

 

ショック症状になるということは、どのようなことかと言いますと、皮膚や、消化器、呼吸器に異常が出て、血圧が低下し、不整脈も出ます。アナフィラキシーショックの場合、死に至ることもありますから、食物アレルギーと言っても軽く見てはいけないのです。症状が出たら、早めにアレルギー科で診てもらい、原因となった食べ物についても伝えるようにします。

 

 

特に小さいお子さんが、食物アレルギーを持つ場合、親御さんや周囲の人は、子供が危険な状態にならないように、常に気をつけてあげなければなりません。大人になれば、自分で自分の食べるものを選び、身を守ることもできますが、お子さんの場合、毎日、食事を作るお母さんが、使う食材に十分、気をつけてあげなければならないでしょう。

 

 

さて、アレルギー体質のお子さんの場合、親御さんもアレルギー科に通っているケースが多いです。実は、アレルギー体質の遺伝というものが、実際にあるようです。また、両親がアレルギーではなくても、3親等程度までの身内に何らかのアレルギー症状を持つ人がいれば、自分も体質としてアレルギー素因があると考えられます。

 

 

将来的に発症するか、しないかの差はありますが、要素は持っているということですね。
そうかと言えば、親がアレルギー体質である場合も、子どもにはそれが出ないケースもあり、アレルギー体質が絶対に遺伝するということではないようです。